即時荷重インプラント

即時荷重とは

従来のインプラント治療は、インプラント体を埋入してから、インプラント体と骨がしっかりと結合するために3ヶ月~6ヶ月の治癒期間を要します。しかし、医療機器の発達により、コンピュータによる精密なシミュレーションが可能になり、正確な治療計画とそれに基づいた手術が現実的になったことで、インプラント体を埋入したその日に歯(仮歯)を入れることが可能となりました。この治療法を「即時荷重」といいます。

即時荷重インプラントのメリット

手術当日から食べることができる

インプラント体の埋入手術の日に同時に仮歯まで入れることができるため、食事を摂ることも可能です。

見た目に困らない

営業職や接客業などの人前に出ることが多い方は、仕事上歯が無いと困るため、手術の日に仮歯が入ることは大きなメリットです。

手術・治療回数が少ない

手術が1回で済み、通院回数も従来のインプラント治療よりも少なくて済みます。

費用を抑えることができる

手術と通院の回数が減ることができるため、費用を抑えられます。

発音に支障がない

仮歯が入るため、発音しにくいといった支障がありません。

即時荷重インプラントのデメリット

骨質が良好な状態でないと受けることはできない

骨量や骨の性質が一定の条件を満たしていない場合には、治療をおこなうことができません。

手術に時間がかかる

インプラント体の埋入手術の日に、仮歯の取り付けまでをおこなうため、手術に時間がかかってしまいます。

インプラント体が抜ける場合がある

初期固定が得られる前から負荷をかけ始めるため、インプラント体が動いてしまい抜けることがあります。

治療可能な医院が少ない

即時荷重インプラントは、豊富な知識と高度な技術が必要な治療であるため、治療が可能な歯科医院が限られてしまいます。

噛み合わせに不具合がある場合は調整が必要

噛み合わせに問題がある場合には、治療がおこなうことができないため、先に噛み合わせの調整や治療が必要になることがあります。

食事制限が必要

手術後3~4週間(初期固定が得られるまで)は食事制限と注意が必要です。

即時荷重インプラントをおこなう条件

  • しっかりとした初期固定を得るため、インプラント手術時の埋入トルク値が35Ncm以上であること
  • あまり軟らかい骨では初期固定が不十分なため、骨質が良いこと
  • 術後の微小動揺を100μm以下にすること
  • 即時荷重に適したインプラントメーカーとインプラント体を選ぶこと
  • 高度な技術と豊富な経験がある医師が治療をおこなうこと

即時荷重インプラントの治療後に気を付けるべきこと

術後しばらくの間は固い食べ物は避ける

術後1~2週間は流動食が望ましいとされており、その後はおかゆ、うどん、豆腐などの、歯に圧力のかからない食事を意識して摂るようにしましょう。食事については、歯科医師もしくは歯科衛生士から指導があるので指示に従うようにしてください。

口腔内を清潔に保つ

インプラントは、ご自身でのセルフケアと歯科医院での定期的なメンテナンスを怠ると、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」になってしまいます。歯周組織が炎症を起こすことで、インプラント体と骨の結合を妨げたり、歯を支える歯槽骨が溶かされてしまい、インプラントを支えることができなくなり、インプラントが脱落する場合もあります。そのため、ご自身での正しいセルフケアと歯科医院での定期的なメンテナンスをおこない、口腔内を常に清潔に保つようにしましょう。

オールオン4

従来のインプラント治療では、失った歯の本数と同じ数だけのインプラント体を埋入する必要がありましたが、顎の骨量が足りないため骨移植などが必要だったり、多くのインプラント体を埋入できたとしても身体的負担が大きくなってしまい、さらに費用も高額になるため経済的負担も大きいものでした。

しかし、オールオン4なら、わずか4本のインプラント体を顎の骨量がある箇所に埋入し、それを支えとして上下それぞれ連結した12本の歯列を回復させることができます。骨の移植なども必要なく、抜歯からインプラント体の埋入、仮歯の装着までがその日のうちにおこなえるため、固いものを避ければ当日から食事も摂ることができます。また、手術も歯茎を切らない「フラップレス術式」でおこなうため、身体的負担が少なく、縫合や抜糸の必要もありません。

フラップレス術式

フラップレス術式は、術前のCTなどの精密検査とコンピュータシミュレーションによる診断と治療計画を基に、ガイドシステムを作製することで、安全で正確に手術をおこなうことが可能なインプラント術式です。あらかじめ、CTとコンピュータシミュレーションによって最適なインプラント体の埋入位置を設計して、その部位に確実にインプラント体を埋入するためにガイドシステムを作製することで、歯茎を切らずにインプラント手術が可能になります。そのため、切開や剥離、縫合の必要がないため、手術時間の短縮が可能となり、出血もほとんどないので、術後の腫れや痛みも大幅に軽減できるメリットの大きい治療法です。

おすすめの記事