dental-technician

歯科技工とは

人間にとって、食べ物を美味しく食べることは、人生の楽しみの一つであり、生きるために大切なことです。しかし、虫歯や歯周病などにより、歯を失うことで食べる機能が失われてしまう場合があります。その際に、失われた歯の機能を回復するために、入れ歯、差し歯、インプラント、矯正装置などを作製することを歯科技工といいます。また、それらを修理したり加工することも歯科技工です。

歯科技工士とは

歯科技工士とは、歯科治療における詰め物や被せ物、入れ歯、インプラント、矯正装置などの作製や、調整などのメンテナンスをおこなう職種です。歯の形や色、口の大きさなどは患者さん一人ひとりに合うものを作製しなければならないため、精密な製作技術を求められる職人のような一面があります。

歯科技工士の役割

人の健康の基本は、歯でしっかりと食べ物を噛んで食べることです。歯科医療は、口腔内はもちろん、顔全体や最終的には身体全体にまで及びます。歯科技工士はその中で、入れ歯、差し歯、インプラント、その他の装置などを作製する作業を任されており、歯科医師との綿密な協力関係を築き、最新の歯科医学の知識や技術を患者さんに提供する必要があります。また、患者さんの気持ちを理解し、精度の高い歯科技工をおこなうことが、歯科技工士の役割です。そのため、患者さんが食べ物を美味しく食べることができるかどうかは、歯科技工士の作った歯科技工物の良し悪しにかかっているといっても過言ではないのです。

インプラント治療における歯科技工士の役割

歯科医師の役割は、患者さんの口腔内での処置であり、歯科技工士の役割は患者さんの口腔外での作業になります。インプラント治療の場合、歯科医師の役割は診査・診断から始まり、インプラント体を埋入する外科手術、歯型取りをおこないます。歯科技工士は、この歯型を基に人工歯を作製します。歯科医師は、作製された人工歯を患者さんの口腔内に装着して、噛み合わせなどの確認をおこない、もしも修正が必要であると判断すれば、歯科技工士に修正の指示をします。こうして完成した人工歯が、患者さんの口内に装着されます。

インプラント治療は、一般の歯科治療に比べて複雑な過程を経るため、最初におこなう診査・診断を入念におこないます。その際、従来のインプラント治療では、この診査・診断を歯科医師のみでおこなっていましたが、近年、歯科用CTの普及などに伴ったことにより、歯科技工士も加わるケースが増えています。現在、多くの歯科医院がCT画像やX線などのデータから患者さんの顎の骨の状態を判断して、インプラントの種類や術式、材料、治療方法といった治療計画を立てています。また、CTの画像データを基にインプラント体の正確な埋入位置から、人工歯の製作、装着までを3Dコンピュータシミュレーションで確認することが可能となったことから、最終的な人工歯を作製する歯科技工士にもアドバイスが求められるケースが急速に増加しています。さらに、歯科技工士は歯科衛生士との連携も大切になります。患者さんのことを一番良くわかっているのは歯科衛生士なので、その情報を歯科技工士に伝えることが、より良質な治療をおこなうために重要なのです。歯科技工士は、作製した人工歯に対して、このようなケアをしてほしいなどの情報を歯科衛生士に伝えていくことも大切です。

歯科技工士が作製するもの

歯科技工士が作製するものとして、一般的に「銀歯」と呼ばれているものがあり、歯全体に被せ物を取り付け、歯の形や機能を回復します。また、歯を失ってしまった場合に、歯の形と機能を回復する補綴治療として、入れ歯(義歯)やブリッジ、インプラントなども作製します。さらに、不正咬合(悪い歯並び)や悪い噛み合わせ、顎の位置がずれている場合に、正しい位置に整えるための矯正装置としてブラケットやマウスピースも作製します。他にも、スポーツをする際に、口腔内の怪我を防止するために装着するマウスガードや、生まれつき、または病気や事故によって失われた顔や体の一部を、人工の材料を使って形態などを補うエピテーゼも作製します。その際、保険適用されるエピテーゼは、義肢装具士が作製にあたりますが、作製方法や使用材料、器材は歯科技工作業と共通しているものが多いため、保険適用されないエピテーゼの作製には歯科技工士も活躍しています。

CAD/CAMシステム

近年、デジタルによる設計・加工技術のCAD/CAMなどの登場により、歯科治療にもデジタル化が急速に普及しています。このCAD/CAMで作製することで、人工歯などの精度は飛躍的に向上し、今後の歯科治療には必須の要素となるといえます。CAD/CAMの利点は、インプラントの人工歯を取り付ける際に、いつどこで、誰によって、どんな材料を使って作製されたのかという「トレーサビリティー」を患者さんに提供できるということです。他にも、CAD/CAMで製作される人工歯は、均質かつ安全性を保証されたブロックから削りだされるため、材質に関する安全性は常に一定の規格であるといえます。そのため、CAD/CAMを用いた人工歯は、患者さんの信頼を得るためにも、これからも歯科医療に必要なのです。

歯科技工士になるためには

歯科技工士になるためには、歯科技工士養成施設に入学しなければなりません。それから、学校の規定の科目を全て修了し、卒業資格を得ることで歯科技工士国家試験を受けることができるのです。その国家試験に合格することで、歯科技工士の免許を取得することができ、晴れて歯科技工士としての第一歩を踏み出すことができるのです。

おすすめの記事