インプラントとたばこ

インプラント治療の失敗の原因には、治療を担当する医師の技術や経験、医院設備によって起こる可能性もありますが、患者さんご自身の生活習慣も大きく関係しており、中でも喫煙はインプラントに悪影響を及ぼすといわれています。インプラントは、高額な治療費と長い治療期間を要する治療であることから、できる限り長く快適に使用したいと考える方がほとんどなのではないでしょうか。喫煙がインプラントの寿命と大きく関係していることから、インプラントを長く快適に使用するためには、禁煙が必要なのです。

喫煙が口腔内に及ぼす悪影響

虫歯や歯周病になりやすい

タバコの煙には約4,000種類もの化学物質が含まれており、その中の約200種類は人体に有害な物質、約70種類は癌を引き起こす物質とされています。これらの有害物質が呼吸器系や循環器系の疾患や、癌などの病気を引き起こすのですが、タバコは歯周病を引き起こす大きな要因でもあるのです。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素の作用によって、歯茎の毛細血管が収縮してしまうため、歯周組織に十分な栄養や酸素が届かなくなってしまい、免疫力が低下してしまうためです。さらに喫煙習慣があると、口腔内が乾燥してしまう「ドライマウス」になりがちです。口腔内が乾燥してしまうと、唾液の分泌量が低下します。自浄作用や殺菌作用を持つ唾液が少なくなることで、口腔内に細菌が繁殖してしまい、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。

なお、タバコによる歯周病のリスクが高まるのは喫煙者だけではありません。副流煙を吸い込むことによる受動喫煙や、喫煙後に残留した煙から有害物質を吸い込むことによる三次喫煙においても、そのリスクは高まります。

インプラント治療が失敗するリスクが高くなる

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させ血流を悪化させます。そのため、顎の骨にインプラント体を埋入する手術を伴うインプラント治療に悪影響を及ぼしてしまいます。インプラント手術後の歯茎にも、十分な酸素や栄養が供給されなくなるため、傷の治癒が遅くなり、骨の再生も悪くなります。その結果、インプラント体と骨の初期固定が得られず、インプラントが抜け落ちてしまい、治療が失敗する危険性もあるのです。そのため、インプラント治療を受ける前には禁煙する必要があります。

インプラント周囲炎の感染リスクが高くなる

インプラント周囲炎とは、インプラント治療を受けた後、インプラントを埋入した歯茎周辺が歯周病菌に感染することによって炎症を起こしてしまう病気で、インプラントの歯周病です。

インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを支えている骨を溶かしてしまい、最悪の場合インプラントの脱落や全身疾患の発症や悪化を招く危険性があります。放置していても症状は悪化する一方ですので、早急に歯科医院での適切な処置を受ける必要があります。さらに、タバコに含まれるニコチンには免疫に関係の深い白血球の働きを低下させる作用もあるので、喫煙をしているだけで免疫力が低下し、インプラント周囲炎になりやすい口内環境になってしまうのです。

その他の口腔内の悪影響

タバコに含まれるタールによって、歯茎へメラニン色素が沈着してしまうことで歯茎が黒ずんだり、歯にベトベトしたタールがこびりついてしまうため、歯が茶色っぽく変色してしまいます。また、口臭も強くなることがあります。

インプラント治療を受ける方は禁煙をしましょう

インプラントは適切な治療をおこない、治療後もご自身での正しいセルフケアや歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなうことで、長く快適な状態を保つことができます。しかし、喫煙はインプラントに悪影響を及ぼしてしまうため、治療中は禁煙が必要になりますが、治療後の喫煙がインプラントや健康な歯に与える影響などを考えると、インプラント治療を良い機会として禁煙することが良いでしょう。本人の意思だけで禁煙を成功させることが難しい場合は、禁煙外来を利用するなどして少しずつでもタバコの本数を減らしていくことをお勧めいたします。

加熱式タバコ「IQOS」などについて

近年、多くの方が「IQOS」などの過熱式タバコや電子タバコを使用しています。これらは有害物質が少ないとはいえ、インプラント治療への影響はあると考えられています。IQOSは普通のタバコとは違い煙が出ません。通常、タバコは紙を燃やす際にタールが発生したり、二酸化炭素を発生させたりしますが、加熱するだけのIQOSはそのような有害物質がほとんど発生せず、9割近くも有害物質を減少させています。ただし、全く有害物質を含まないということではなく、微量ですがニコチンや一酸化炭素などの有害物質が含まれているのです。

過熱式タバコや電子タバコの具体的な危険性やリスクは、現在データも少ないことから詳しくはわかっていませんが、過熱式タバコや電子タバコなので安心ということはないという認識を持つようにしましょう。さらに、IQOSのインプラント治療における悪影響は、通常のタバコとさほど変わりません。IQOSにもニコチンが含まれているので、血管が収縮し、術後の治療がスムーズにいかなくなります。また、インプラントの寿命を縮めることに対しても通常のタバコとそれほど変わらないことから、IQOSなどの過熱式タバコや電子タバコも治療中は禁煙することが重要です。

おすすめの記事