金属アレルギーでも大丈夫?

金属アレルギーとは

金属製の指輪やネックレスなどのアクセサリーなどを外した際に、金属が触れていた部分が赤く腫れていたり、かゆみを感じるといった金属に対してアレルギー反応を起こす方は多くいらっしゃいます。人は、汗や唾液などと金属が一定時間接していることで、金属がイオン化されて血中に溶けだしてしまいます。そのイオンが体内のタンパク質と結合することで、体内の免疫システムが異物として認識してしまい、免疫反応を起こしてしまうことを金属アレルギーといいます。歯科においての金属アレルギーは、アクセサリーなどで起こる金属アレルギーよりは頻度が少ないとはいわれていますが、口腔内は唾液で満たされており、噛み合わせの刺激を受けたり、食飲物や歯垢(プラーク)などによる酸に銀歯などの金属の詰め物や被せ物がさらされることなどで、金属がイオン化しやすい環境にあるため、金属アレルギーを起こしやすいのです。

口腔内の金属アレルギーの症状

歯科で用いられる金属アレルギー症状の場合、口腔内にみられる扁平苔癬の他には、手足の丘疹などの症状がみられます。扁平苔癬とは、口内炎とは異なり、白色の線条が口内にできたり、炎症を起こし赤く腫れてしまうのが特徴です。また多発性で、頬の粘膜にみられることが最も多く、舌や歯茎、口蓋、口唇にも症状がみられることもあります。自覚症状も様々で、食事や会話の際に違和感を感じたり、歯磨きの際に痛みを感じるなどがあります。

金属アレルギーの症状としてみられる手足の丘疹の症状は、手足に隆起した小さな丘疹がみられ、かゆみが強いのが特徴で、両側の手足の屈側面に発症することが多いです。

金属アレルギーの人はインプラントを受けられるの?

インプラントはチタンを使用する

インプラント治療では、顎の骨に埋入する人工の歯根であるインプラント体と、人工歯(被せ物)を連結するアバットメント部分に金属が使われています。しかし、使用する金属は「チタン」という素材で、空気に触れると瞬時に表面に膜を作って、金属イオンが溶けださないという性質を持っています。さらにチタンは、体内に埋め込んでもアレルギー反応を起こしにくいという、生体親和性に優れた金属であることから、ペースメーカーや人工関節などの他の医科の分野でも広く使用されています。また、チタンは骨と強く結合する性質を持っているため、インプラントは顎の骨と生体親和性の優れたチタン製のインプラント体が強固に結合する「オッセオインテグレーション」(骨結合)を利用した治療方法なのです。そのため、インプラントは金属アレルギーを起こすことはほとんどありません。

人工歯の種類によっては金属アレルギーを起こす場合も

インプラント治療は、保険適用外治療(自由診療)となるため、人工歯は自由に選択することができます。しかし、人工歯の中には内側が金属の素材の上にセラミックを焼き付けた「メタルボンド」という種類があり、メタルボンドの人工歯を選んだ場合は、金属アレルギーを起こす可能性があります。そのため、金属アレルギーの方や、金属アレルギーが心配な方は、オールセラミックやジルコニアなどの非金属の種類を選択することで、人工歯による金属アレルギーを引き起こすことはありません。

チタンアレルギーの可能性

チタンは生体親和性に優れているのですが、中には、チタンに対してアレルギー反応が起きてしまう方もいらっしゃいます。チタンは金属の中でも、金属アレルギーが起きる可能性は低いのですが、全くアレルギー反応が起きないわけではないのです。そのため、金属アレルギーかどうか不安の方には、インプラントの手術までにパッチテストという金属アレルギー検査を受けて頂くことをお勧めいたします。

パッチテストの検査内容は、試薬のついたテープを目立たない背中に貼り、2日間貼った後にテープをはがして皮膚に現れる反応を確認します。その後、3日後、1週間後と順に確認していくことで皮膚の反応を調べていきます。一定期間の経過観察をおこなうことで、どの金属にアレルギー反応があるのかが分かります。パッチテストの他には、血液検査によってアレルギー反応を調べる方法もあります。

金属を使用しないインプラント治療

インプラント治療では、主にチタン製のインプラント体が使用されてきましたが、このチタンの代わりに非金属のジルコニアを用いることで、万が一、チタンにアレルギー反応を起こしてしまった方でもインプラント治療をおこなうことができるのです。インプラント体以外にも、アバットメントも含めたインプラントで使用する物質をすべてジルコニアにすることで、金属を使用しないインプラント治療が可能になったのです。ジルコニアは、人工ダイヤモンドに使用されるほど耐久性や耐摩耗性に優れており、骨との結合についてもチタンと同等の結合力が確認されています。そのため、インプラントに使用するための必須要件は満たしているので、安心して治療を受けて頂けます。

おすすめの記事