従来の治療法とインプラントの違い

インプラント治療とは、歯を失ってしまった箇所に人工の歯根であるインプラント体を埋入し、人工歯を被せることで、歯の機能を取り戻すことができる治療法です。従来の歯を失った治療法は、ブリッジ治療や入れ歯治療が一般的でしたが、近年はインプラント治療を受ける方が増えています。

「歯」というのは、目で見える部分の歯(歯冠)と、それを支える歯根から成り立っており、歯を失ってしまうということは、歯根ごと失ってしまうということです。インプラント治療が従来の治療法と大きく違うところは、顎の骨にインプラント体を埋入し、顎の骨とインプラント体がしっかりと結合しているということです。

一見すると似ているよう差し歯治療もインプラント治療とは異なります。差し歯治療は歯根が残っている場合におこなう治療であり、インプラントは歯が完全になくなってしまったり、抜歯が必要になった場合におこなう治療法なのです。

インプラント治療と従来の治療の違い

歯を失った場合の主な治療方法として、インプラント治療と、従来の治療法であるブリッジ治療と入れ歯治療があります。

ブリッジ治療とインプラント治療の違い

ブリッジ治療とは、失った歯の両隣の健康な歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を被せて歯を補塡する治療法です。ブリッジは固定されているため、歯との一体感があり、舌感や食感にあまり違和感はありません。ブリッジ治療は保険が適応な治療であり、手術も必要ないため、経済的・身体的な負担が軽減できます。

しかし、ブリッジ治療は歯を固定するために、周りの健康な歯を削る必要があるため、削られた歯は痛みやすくなり、歯が駄目になってしまうと、新たに広範囲のブリッジに作り直さなければいけません。また、歯根がない部分の骨は、噛んだときの刺激が伝らないために次第に痩せていきます。さらに、噛む際に支えとなる両側の歯に負担がかかってしまうため、結果的に健康の歯の寿命を短くしてしまうことに繋がります。

その点、インプラント治療は天然の歯を削る必要がないため、他の歯に負担をかけることがなく、天然の歯に寿命を短くすることがありませんし、インプラント体を顎の骨に埋入するため、噛む刺激が直接顎の骨に伝わるので、骨が痩せてしまうこともありません。ただし、保険適用外治療であり、手術が必要になるため、経済的・身体的な負担がかかってしまいます。

入れ歯治療とインプラント治療の違い

入れ歯治療は、歯を失ってしまった際に、ほとんどの場合で適応できる治療方法です。土台付きの人工歯を、失った歯の部分に密着させて使用します。歯がまったくない方には「総入れ歯」、一部の歯がない場合には周囲の歯にバネをかけて支える「部分入れ歯」の方法があります。入れ歯治療もブリッジ治療と同様に、手術の必要がなく保険も適応できるため、経済的・身体的な負担が軽減できます。また、入れ歯はご自身で取り外しができるため、お手入れがしやすく衛生的ですが、外した入れ歯の置き場所を忘れてしまい、失くしてしまうといったトラブルや、お手入れを怠ってしまうこと入れ歯が不衛生になってしまい、口臭などの原因になることもあるため注意が必要です。

入れ歯は他の治療に比べると安定感に欠けてしまうため、会話の途中や食事の最中に外れてしまうことがあります。さらに、口腔内や噛み心地に違和感を感じる方が多く、噛む力も天然の歯に比べると約4割程度の力でしか物を噛むことが出来ないため、硬い食べ物などは噛むことが難しくなってしまい、食べ物に制限が出てきてしまうので、食事を楽しむことができなくなります。

その点、インプラントは顎の骨としっかりと結合しているため、安定感があり、食べ物も天然の歯と同じくらいの力で噛むことができるため、食べ物の制限もなく外れてしまう心配もないので、会話や食事を存分に楽しむことができます。しかし、毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要となり、怠ってしまうとインプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」にかかってしまい、最悪の場合インプラントが脱落してしまう危険性があります。ですので、小まめなセルフケアやメンテナンスをおこなわないと、インプラントの寿命を短くしてしまいます。

まとめ

近年、インプラント治療の技術も進歩しており、歯を失った際に天然の歯と同じような機能を取り戻すことが可能な治療法として、多くの方がインプラント治療を受けています。補填治療をおこなう際には、インプラントと従来の治療法とを比較した上で、ご自身に最も適している治療法を選んで頂くことが大切です。しかし、残っている天然の歯を将来的に多く残したい方には、インプラント治療が最も適しているといえます。

歯を失ってしまい、治療をお考えの方は大分県のかかりつけの歯科医院で診て頂くことをお勧めいたします。

おすすめの記事