インプラントとは

インプラント治療とは、急な事故や怪我、または虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に、歯の機能を取り戻すことのできる補綴治療です。顎の骨に人工の歯根である「インプラント体」を埋込する外科手術が必要となります。顎の骨とインプラント体がしっかりと結合するまで治癒期間を要し(3ヶ月〜6ヶ月ほど)、インプラント体が骨と強固に結合したことが確認できたら「人工歯」(被せ物)と、2つを繋ぐ「アバットメント」の上部構造を取り付けることで、天然の歯に近い強度と審美性を備えた新たな歯を取り戻すことができるのです。以前は歯を失った際の補塡治療は、ブリッジや入れ歯による治療しか選択肢はありませんでしたが、インプラント治療の登場したことで、さらに快適な噛み心地と、見た目にも優れた「第2の永久歯」を手に入れることが可能になったのです。

インプラントのメリットとは

天然の歯のように噛むことができる

インプラント体が顎の骨と強固に結合しているため、天然の歯と同じくらいの力で食べ物を噛むことができるため、食べ物に制限もなく何でもしっかりと噛めるので、食事を楽しむことができます。

見た目が気にならない

インプラントは見た目も天然の歯のように美しいため、話すときに他人に歯がみえることを気にする必要もありません。また入れ歯のように外れる心配もないため、笑顔で会話を楽しむことができます。

天然の歯に負担がかからない

インプラントは、インプラント体が顎の骨としっかり結合しており、顎の骨で歯を支えることができるので、安定感に優れています。ですので、残りの歯を削って歯を支えるブリッジ治療や、入れ歯治療のように隣の歯に留め金を掛けて固定したり、歯茎で人工歯を支えることがないため、天然の歯に負担をかけることがありません。

歯の寿命を延ばすことが出来る

歯は削ってしまうことで寿命が短くなってしまいます。しかしインプラントの場合、失なった歯を補うために隣の歯を削ったり、天然の歯に過度な負担をかけることはありません。さらに、インプラント体が顎の骨にしっかりと結合しているため、顎から噛んだ刺激が脳に伝わるので、顎の骨が痩せてしまう「骨吸収」を防ぐことができるのです。天然の歯の寿命を延ばすのと同時に、インプラントの寿命も延ばすことにも繋がるのです。

インプラントのデメリット

外科手術が必要になる

インプラント治療は、歯茎を切開して顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要になります。そのため、どうしても身体的・精神的な負担がかかってしまいます。また、インプラント治療の成功率は95%程といわれていますが、100%ではないため、失敗する可能性もあります。さらに、細菌感染を防ぐためにも衛生管理の徹底が必要になるため、どの歯科医院でも治療を受けられるわけではありません。

費用が高額になる

インプラント治療は保険適用外治療(自由診療)となるため、すべて自費での治療となります。さらに自由診療のため、歯科医院によって費用が異なります。そのため費用が高額になってしまうので、経済的な負担が大きくなります。

インプラントの1本あたりの平均相場は30万円~50万円といわれており、決して安い金額ではありません。しかし、インプラントは「第2の永久歯」といわれており、ご自身のセルフケアや、歯科医院での定期的なメンテナンスによっては半永久的に使用することも可能なのです。健康で快適な毎日を過ごすことができると考えれば、決して高すぎる金額ではないといえるのです。

十分な骨の量が必要になる

インプラント体を埋入するためには、十分な顎の骨の量が必要になります。そのため、顎の骨が痩せてしまい、骨の量が十分に足りない場合は、骨の量を増やす手術が事前に必要になってしまうため、身体的・経済的に負担がかかることがあります。

子供や妊婦は治療できない

インプラント治療は、顎の成長が終わっていない子供は受けることができません。インプラントを埋入しても、顎の骨が成長するにつれてインプラントの位置がずれてしまったり、他のインプラントがあたるといった問題が起こるためです。そのため、骨の成長が止まる20歳からインプラント治療を受けるのが一般的です。

同じく、妊婦もインプラント治療は受けることができません。なぜならば、インプラント治療には手術が必要となるため、不安やストレスがかかってしまい、さらに麻酔や術後の抗生物質や痛み止めの薬などの服用が必要となるので、母体やお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。出産、卒乳するころまではインプラント治療は控えるようにしましょう。

定期的なメンテナンスが必要

インプラントの手術が完了すれば、それで終わりというわけではありません。インプラントを長く使い続けるためには、毎日のセルフケアが大切です。歯ブラシを使ったブラッシングはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスなども併用して口腔内をきれいにしておくことが必要です。しかし、ご自身のセルフケアだけでは汚れや歯垢をしっかりと取り除くことが難しいため、大分県のかかりつけの歯科医院で定期的なメンテナンスをおこなうことが重要です。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、インプラント歯周病である「インプラント周囲炎」にかかってしまい、最悪の場合にはインプラントが脱落してしまう危険性があります。必ず定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

おすすめの記事