インプラントの料金

インプラント治療は、急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって歯を失ってしまった際に、歯の機能を取り戻すことができる治療法です。人工歯の補塡によって歯の機能を取り戻す治療法は、他にも入れ歯治療やブリッジ治療などがありますが、インプラント治療はこの2つの治療法とは異なり、基本的に保険が適応されない保険適用外治療(自由診療)となるため、費用がどうしても高額になってしまいます。さらに自由診療であることから、歯科医院によって金額が異なります。しかし、見た目がとても美しく、噛み心地も天然の歯と同じくらいの力で噛むことができるため、快適で健康な毎日を過ごすことが可能な治療法です。

インプラント治療を受けたいけれど、費用が高額であるため治療に踏み切ることが出来ない方も多くいらっしゃいます。そのため、インプラントの治療にかかる費用の相場を知ることで、治療を安心しておこなうことが出来、歯科医院を選ぶ基準の目安にもなるかと思います。

インプラントの治療費用

インプラントとは、人工の歯根である「インプラント体」と、「人工歯」(被せ物)と、インプラント体と人工歯を繋ぐ「アバットメント」の3つのパーツからできています。治療にかかる基本的な費用は、この3つのパーツと、事前におこなうCTスキャンなどの精密検査や診断料、インプラントの手術代、治療後の定期的なメンテナンスなどが含まれます。これ以外にも、顎の骨が痩せてしまい、インプラント体を埋入するための十分な量が足りない場合は、事前に骨を増やす手術が必要となり、別途費用がかかります。さらに手術に対する不安や恐怖心、ストレスから、動機や目眩、ひどい場合には呼吸困難を起こしてしまう危険性もあるため、その場合には気分を落ち着かせリラックスさせるために、点滴によって鎮静剤を投与する静脈鎮静療法などの処置をおこなう場合もあり、これも別途費用がかかります。

費用の内訳はあくまでも相場の価格です

精密検査・診断料     約15,000~50,000円(医院によっては無料の場合もあります)

インプラント手術代    約60,000~390,000円

インプラント体の費用   約50,000~200,000円

アバットメントの費用   約50,000~180,000円

人工歯の費用       約50,000~150,000円

治療後のメンテナンス     約5,000~10,000円(医院によっては治療費用に含まれている場合もあります)

 

全国のインプラントの費用相場は30~50万円くらいですが、地域によって異なり、東京など首都圏は値段が比較的高い傾向にあります。さらに、インプラントの本数や治療箇所によっても費用は異なります。

 

基本となる費用の他に、別途かかる費用は以下のようになります。

骨造成、骨再生手術代  約50,000〜300,000円

静脈鎮静療法      約60,000〜100,000円

通常のインプラント治療の場合、インプラント体を1本ずつ顎の骨に埋入するのですが、総入れ歯の方や、顎の骨が痩せてしまっている方、インプラント治療費をできる限り抑えたい方には、4本のインプラント体で上顎、または下顎の10~12本の歯を支えることができる、「オールオン4」という治療法もあります。しかし顎の骨が柔らかい場合、4本のインプラント体では治療をおこなうことが難しい場合があります。その場合は、6本のインプラント体を埋入する「オールオン6」という治療法をおこなうことも可能です。

オールオン4  約1,800,000~2,400,000円 (片顎)

オールオン6  約2,500,000~3,000,000円 (片顎)

患者様さんの口腔内の状態によって費用が異なる場合があります。

インプラント治療が高額の理由

インプラント治療が高額である理由には、保険適用外治療であることが挙げられますが、他にも高度な医療設備の設置や、医療機器の導入による費用が挙げられます。インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋入する手術が必要です。そのため歯科医院は院内感染などのトラブルを防ぐために、衛生管理を徹底しておこなっています。さらに、高度な医療設備の設置や手術専用の個室の完備、使い捨て可能なものはできるだけ使い捨のものを使用したり、歯科用CTスキャンやマイクロスコープなどの高度な医療器具の導入をおこなうなど、インプラント治療をより正確かつ安全におこなうために、様々な設備や機器を設置・導入しています。そのため治療費が高くなってしまうのです。

インプラント治療は医療費控除の対象

インプラント治療は基本的に保険適用外治療ですが、医療費控除の対象になります。医療費控除とは、その年の1月1日〜12月31日の1年間にかかった医療費の総額が10万円以上の場合、申請することで支払った費用の一部が還付金として戻ってくる制度です。ご自身の医療費のほかにも、配偶者や親族が生計を共にしていれば、医療費を合算して申請することができます。

高額な費用となるインプラント治療ですが、医療費控除によって費用の一部が還付されれば、経済的な負担の手助けになるため、必ず申請するようにしましょう。

おすすめの記事