インプラントのメンテナンス

インプラント手術後のメンテナンスの重要性

歯を失った際に、インプラント治療によって歯の機能を取り戻すことができるため、しっかりと噛むことができるようになります。インプラントは、顎の骨とインプラント体がしっかりと結合しているので、まるで天然の歯のように自然な噛み心地が得られます。しかし、長く快適に使用するためには、天然歯と同様に正しいメンテナンスが必要なのです。メンテナンスを怠ってしまうことで口腔内が不衛生になり、歯垢や歯石などの細菌が溜まってしまうため、インプラントの周囲組織が歯周病菌に感染してしまい、インプラントの歯周病であるインプラント周囲炎を引き起こしてしまい、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまう危険性があるのです。そのため、毎日のご自身での歯磨きなどのセルフケアと、大分県の歯科医院での定期的なメンテナンスが重要なのです。正しいメンテナンスをおこなうことで、口腔内を清潔に保つことができるため、インプラントを長く快適に使用することができます。インプラントは、メンテナンス次第では半永久的に使用することも可能なのです。

インプラント周囲炎とは

インプラントは、虫歯になることはありませんが、歯周病にはなってしまいます。インプラントは天然歯と違い歯根膜がないため、歯茎への血流が少なくなってしまうことから、天然歯と比べて細菌に対する防御機能が弱く、インプラントの周囲組織に歯垢や歯石などの汚れが付着すると細菌が増殖しやすくなり、細菌によって歯茎が炎症を起こしてしまう「インプラント周囲炎」を引き起こしてしまう場合があるのです。インプラント周囲炎を発症してしまうと、天然歯の歯周病と同じように、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状が見られますが、自覚症状がほとんどないため、気付いたときは歯を支える歯槽骨にまで進行してしまい、骨が溶かされてしまうことで歯を支えることができなくなり、最終的にインプラントが抜け落ちてしまいます。さらにインプラント周囲炎は、インプラントが抜け落ちてしまうだけでなく、歯周病菌が歯茎の毛細血管に侵入して、血液とともに運ばれることで全身に巡ってしまいます。全身へ歯周病菌が進行してしまうことで、糖尿病や心疾患などの全身疾患を発症・悪化させてしまうといった危険性があるのです。インプラント周囲炎は、口腔内だけでなく身体の健康にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

ご自身でのメンテナンス

インプラントを長く快適に使用するためには、毎日のご自身での歯磨きがとても重要です。ご自身での正しい歯磨きをおこない、食べカスや歯垢を除去することが、口腔内を清潔に保つことに繋がります。さらに歯磨きの際に、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで、歯垢の除去率は大きく上がります。歯ブラシだけで歯磨きした場合の歯垢の除去率は平均61%ですが、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで、80%ほど歯垢を除去することが可能なのです。

歯科医院での定期的なメンテナンス

大分県のかかりつけの歯科医院でのメンテナンスは、主に定期検診や歯のクリーニングをおこないます。

定期検診

歯科医師が、インプラントだけでなく、周辺の歯や歯茎などの粘膜に炎症やトラブルがないか確認し、毎日の歯磨きが正しくおこなわれているかどうかチェックします。また、噛み合わせの確認もおこないます。歯は少しずつ動いており、噛み合わせも一定ではなく変わってしまうことがあるため、噛み合わせのバランスが崩れてしまうと、全身のバランスにも悪影響を及ぼしてしまい、顎関節症や肩こり、頭痛などの原因となるため、噛み合わせが悪い場合はインプラントを削って調整する場合もあります。検診の際に、目視で確認できない顎の骨やインプラント周辺の様子などは、レントゲン撮影によって確認します。

歯のクリーニング

歯のクリーニングでは、ご自身での毎日の歯磨きなどのセルフケアだけでは取り除くことができない、歯垢や歯石などの汚れを取り除きます。クリーニングでは、インプラントや周辺組織に付着した歯垢や歯石を、スケーラーという器具を使って取り除くスケーリングや、歯科医師や歯科衛生士による専用の器具を使用したクリーニング「PMTC」によって、ご自身の歯磨きでは落とすことができない歯垢や歯石、さらに細菌の集合体であるバイオフィルムもキレイに除去することができます。他にも、歯科衛生士による正しい歯磨きの指導もおこなっており、適切な歯磨きをおこなうことで毎日のセルフケアの向上とともに、口腔内を清潔に保つことに繋がります。

大分県のかかりつけの歯科医院での定期的メンテナンスは、基本的には3ヶ月から半年に一度程度を目安にしておこないますが、セルフケアがしっかりとできていない場合や、頻繁に喫煙をする方などは、メンテナンスの頻度が変わってくるため、医師の指示を守り必ずメンテナンスを受けるようにしましょう。

おすすめの記事