インプラントか差し歯か

インプラント治療とは

インプラント治療とは、急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって歯を失ってしまった際に、チタン製の人工歯根のインプラント体を顎の骨に埋入する外科手術をおこない、インプラント体と骨がしっかりと結合してから人工歯を被せることで、歯の本来の見た目や機能を取り戻すことができる治療法であることから、歯の根を含む全ての歯を失ってしまった場合に最適な治療法といえます。また、インプラントは顎の骨にしっかりと固定するため、天然の歯のように噛むことができます。さらに、しっかリと固定しているので、他の補綴治療である入れ歯のように歯がグラグラすることもなく、口内の違和感も少ないです。

差し歯治療とは

差し歯とは、歯冠部分を失ってしまっても歯根(歯の根っこ)部分が残っている場合に対応できる治療法です。そのため、歯根がない場合には差し歯はおこなうことができません。差し歯の治療方法は、残っている歯根の治療をおこない(根菅治療)、歯根に金属やレジン(プラスチック)などの土台を差し込み、しっかり接着したら形を整えて人工歯の型取りをおこない、完成した人工歯を被せる補綴治療です。

インプラントと差し歯の違い

歯根の有無

インプラントと差し歯の大きな違いは、「歯根が残っているか、いないか」という点です。差し歯は、歯根が残っていない場合には治療をおこなうことができませんが、インプラントの場合は、歯根が残っていても抜歯をおこなうことで治療することができます。

治療期間

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の顎の骨にインプラント体を埋入して、その上に人工歯を被せる治療法ですが、埋入したインプラント体が骨としっかりと結合するために3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間が必要となります。そのため、治療期間が長くかかってしまいます。

差し歯治療は、虫歯などで歯冠部分が失われたとしても、歯根が残っていれば治療することができるため、残った歯根の治療をおこなってから、歯根部分に金属やレジンなどの土台を入れて人工歯を被せる治療法のため、治療期間が短くて済みます。

費用

インプラント治療は、基本的に保険適用外治療(自由診療)となるため、費用は全て自己負担となります。また、自由診療であるため医院によって費用が異なるので、どうしても費用が高額になってしまいます。また、インプラント体を埋入するための十分な顎の骨量がない場合は、骨造成や骨移植などの外科処置が必要となり、さらに費用がかかってしまいます。

差し歯治療は保険適用治療であるため、費用を抑えることができます。しかし、保険適用のものだと歯根部分の土台には金属やレジンを使用するため、金属アレルギーを引き起こしたり、差し歯に亀裂が入ると折れやすいというデメリットがあります。また、人工歯も金属の被せ物の表面に硬質レジンという硬質のプラスチックを貼り付けて白い歯にしたものを使用するため、長期間使用していると変色したり削れてしまうことがあります。そのため、土台をインプラントでも使用されているセラミックにしたり、ファイバーコアという土台を使用したり、人工歯もセラミックなどの素材にすることが可能ですが、これらは保険適用外治療となってしまうため、費用が高額になってしまいます。

見た目

インプラント治療で使用する人工歯は、患者さん一人ひとりの歯の色や形に合わせて作製するため、天然の歯とほとんど変わらない仕上がりになるので、審美性にとても優れています。そのため、営業職や接客業などの人前で話したり、見た目を気にする職業の方も安心して治療をおこなうことができます。

差し歯は被せ物の素材によって仕上がりは異なります。セラミックなどの保険適用外の素材であれば、審美性が高くなります。

治療制限の有無

インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋入する外科手術を伴うため、高血圧や糖尿病などの全身疾患がある方や、顎の成長が終わっていない子供、妊娠中の方は治療をおこなえない場合があります。

差し歯治療は、一般歯科治療の範囲内なので治療制限はありません。しかし、金属アレルギーの方は注意が必要です。

寿命

インプラント治療は、差し歯に比べて治療期間が長くかかりますが、見た目や噛み心地などは天然の歯とほとんど変わりません。また、正しいセルフケアや歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなうことで、半永久的に使用することも可能です。

差し歯の仕上がりは、インプラントに比べると少し見劣りしますが、メンテナンスは基本的に歯磨きのみなので簡単におこなうことができます。しかし、長く使用することで歯の変色や差し歯の中が痛むなどのトラブルが起きた場合には、歯科医院の受診が必要です。差し歯の寿命は、一般的に7年〜8年といわれており、その際には再度差し歯を作る必要があります。

まとめ

インプラントと差し歯は、それぞれにメリットとデメリットがあります。インプラントは、費用が高額で外科手術を伴いますが、審美的にとても優れています。さらに、適切なメンテナンスをおこなうことで半永久的に使用することも可能です。差し歯の場合は、手術の必要がなく、短い治療期間で保険適用での治療をおこなうことができるのがメリットですが、どちらが良いのかは患者さん一人ひとり治療に対するメリットやデメリットの基準が違うため一概にはいえません。

もしもインプラントか差し歯でお悩みの場合は、ご自身の歯の状態と、長い目で見た場合にどのようにご自身の歯を保っていくかを考えた上で、大分県の歯科医師に相談することをお勧めいたします。

おすすめの記事