コンピューターガイド

コンピュータガイドシステムとは

コンピュータガイドシステムとは、インプラント体を埋入する手術の際に用いるシステムのことで、手術前のシミュレーションやサージカルテンプレートの作製により、歯茎を切開しないで手術をおこなうことができるため、より安全で低侵襲なインプラント治療方法です。

通常のインプラント治療では、インプラント体を埋入する手術の際に、歯茎を切開して骨を露出させてからインプラント体を埋入する位置を決めますが、コンピュータガイドシステムでは、歯科用CTでのデータを基に3Dシミュレーションソフトを使用して、コンピュータ上で3次元的な骨の形態を確認しながら、インプラント体の埋入位置、角度、深さをコンピューターシミュレーションによって確認し、正確なインプラント治療計画を立てていきます。その治療計画を基に、CAD/CAMの技術でマウスピースのような形をした「サージカルテンプレート」という手術用のガイドを作製します。このサージカルテンプレートを、インプラント体の埋入手術時に装着することにより、シミュレーション通りの位置、角度、深さに正確にインプラント体を埋入することが可能になります。埋入の際は、ガイドに沿ってインプラント体を正確に埋入できるため、歯茎を切開せずにおこなうことが可能になるので、縫合や抜歯などの工程も不要となり、従来のインプラント治療よりも治療時間が短縮され、患者さんの身体的負担も軽減することができるのです。

治療計画からインプラント体の埋入までの、一連のインプラント治療をより安全で正確にサポートするシステムが、コンピュータガイドシステムなのです。ただし、コンピュータガイドシステムは高度な技術を必要とするため、現在は一部の医院にしか普及しておらず、さらに通常のインプラント治療費以外に費用がかかります。また、すべての症例において対応できるわけではないため、ご希望の方は、まずは大分県のかかりつけの歯科医院に相談してください。もしも骨造成などの手術が必要になる場合は、歯茎を切開する必要性があるので注意しましょう。

コンピュータガイドシステムのメリット

フラップレス(無切開)手術が可能になる

コンピュータガイドシステムを用いることで、通常のインプラント治療のようにインプラント体の埋入の際に、歯茎を切開してドリルで穴を開けることがなく、必要な分の穴をあけるフラップレス手術が可能になります。そのため、縫合や抜糸などの工程も必要ないため、治療期間を短縮することができます。また、術後の痛みや腫れ、出血が軽減されるので、身体的負担も軽減できます。

安全性の向上

従来のインプラント治療では、医師の経験と感覚に頼ってインプラント体の埋入角度をつけていたため、適切な角度からズレてしまう可能性がありました。しかし、CTによって得たデータと、専用のコンピュータソフトを基にシミュレーションをおこなった上で作製されたサージカルテンプレートを使用することで、適切な埋入位置、角度、深さでインプラント体を植立することが可能です。事前にシミュレーションをおこなうことで、手術の安全性や治療効果の向上が期待できます。

難症例も治療可能になる

コンピュータガイドシステムを使用することで、正確にインプラント体を埋入することができるため、これまではインプラント治療が難しかった難症例であっても治療が可能になります。

患者さんが納得して治療をおこなえる

患者さんご自身の顎の骨の状態や、インプラント体の埋入状態をコンピュータシミュレーションによって、画像で実際に確認することができるため、患者さんが納得した治療計画を立案することができます。そのため、安心して治療をおこなうことができます。

コンピュータガイドシステムの注意点

近年、コンピュータガイドシステムを使用するインプラント治療がおこなえるようになったことで、インプラント手術時における様々なリスクが回避できるようになってきました。しかし、このシステムにもデメリットがあり、全ての方に適用されるとは限りません。インプラント体の埋入に使用するサージカルテンプレートの作製に時間がかかってしまう場合もあり、手術日までの準備期間として約1ヶ月を要します。また、手術中に計画を変更しようとしても、急な対処をすることができないため、場合によってはシミュレーション通りにインプラント治療をおこなうことが難しいこともあるのです。そのため、たとえコンピュータガイドシステムがおこなえない状況になった場合でも、手術を的確におこなう技術を持ち、インプラント手術において起こり得る様々なトラブルに対しても冷静で適切な対処ができる歯科医師が執刀することが、コンピュータガイドシステムを使用する上で必要な条件となります。このような条件を満たした、高い技術を持った歯科医師がコンピュータガイドシステムを使用することで、初めてリスクの少ない治療が可能になるのです。コンピュータガイドシステムは、誰がおこなってもインプラント治療を簡単におこなうことができるシステムというわけではないことを知っておきましょう。

おすすめの記事